骨盤矯正ストレッチロールでお手軽矯正

kotsubankyousei   8月 30, 2016   骨盤矯正ストレッチロールでお手軽矯正 はコメントを受け付けていません。

手軽に試せる骨盤矯正!ストレッチロール

ストレッチロール

骨盤矯正に興味があるけど、整骨院・整体院に行くにはちょっと敷居が高いし通えるかどうかもわからない…という方にオススメしたいのが、骨盤矯正が手軽にできるストレッチロールです。

中でも、気になる下腹や脚、二の腕のパーツ引き締めには、狙った筋肉に正確にアプローチできるがロールピラティスで、とても効果的なのだそうです。
このエクササイズのおかげで、筋力が弱い人やロールピラティスの初心者でも無理なく簡単に行えます。
ロールティラピスとは、・お腹のたるみ、脚のむくみが気になる、引き締めたい・運動は少しきついくらいが好き・体力アップしたい、こんな方におすすめです。

下腹とわきばらを引き締める方法

脇腹を引き締める効果がある骨盤サイドリフト:わき腹を引き締めながら持ち上げてまっすぐにキープする。
ロールに肘をつけない側の手を腰に置き、より不安な状態で行うと強度が上がる効果があります。

たるんだお腹を引き上げる骨盤ゆらし:お腹の筋肉を総動員。ハードな分、お腹全体が引き締まる。
お尻を引きやすいので、上体を前に引き伸ばす意識で行いましょう。

お腹をへこますロール挟み回し:両膝を上げるとお腹をコルセットのように腹横筋が働いてぽっこりしたバラが凹む。
さらにロールを落とさないように両あしを組み替えるときに脇腹の腹斜筋も働いてくびれる効果があります。

くびれを整えるマーメードロールストレッチ:日頃猫背の人ほど脇腹が縮んで、たるみが気になりやすい。
しっかり伸ばすことで下地が整って、姿勢改善効果が高まる効果があります。

お尻と脚を引き締める方法

下がったおしりが上がる骨盤リフト:体を持ち上げるとき、太もも裏の筋肉と一緒にお尻の臀筋群も使うため、ヒップアップできます。
ゆっくりと、できるだけ骨盤を水平に保ってから行う。
一般のピラティストではボールに乗っておこなうが、ロールは幅があるので初心者でも行いやすいのが特徴です。

片足伸ばし
脚をまっすぐ細くする片脚伸ばし:片脚ずつ、つま先までピンと伸ばすことで脚全体の筋肉をまんべんなくしっかり使い、脚全体を引きしめる。
曲げた方の脚も叱り引き寄せることで効果は上がります。
ロールをしくと骨盤の中央にある仙骨が床に当たって痛いこともなく、腰の反りを防ぐので腰痛にもなりにくいです。


上記のような運動で骨盤矯正が簡単にできます。ぜひ、お試し下さい。